TEL LINE ネット予約

『スマホ脳』の対策は「運動」 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

Blog記事一覧 > 運動習慣 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院の記事一覧

『スマホ脳』の対策は「運動」

2021.12.03 | Category: 健康情報

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

以前このブログで『スマホ脳』という本を紹介しました。

「スティーブ・ジョブズなどのIT業界のトップは自らの子供にはデジタル・デバイスを与えなかったという事実と共に、

スマホ“脳”“健康”に与える重大な影響について書かれていました(2021年4月21日のブログ参照)。

 

この本の反響を受けて、

“では、どうすれば良いの?”という問いに対するアンサーとして書かれたのが、

同著者による『最強脳』という本です。

『実は、この本の結論は一言で言えてしまいます。

運動をしよう—–そうすれば脳は確実に強くなる。』

日本語版の冒頭「日本の読者の皆さんへ」の中で、ハンセン先生がいきなりこう書いている通り、

この本の内容と結論はこの一点に尽きます。

 

ただ、大切なのは“運動することによって、脳の中ではどのような変化が起きているか”、ということです。

 

前著『スマホ脳』では、スマホが“脳”や“身体”にどの様な影響を与えるかが書かれていましたが、

本書では「運動が子供や若者の脳にどのような影響を与えるかという知識を紹介」しています。

それと同時に「運動するモチベーション」が上がる様な知識の紹介もされています。

 

以前、『スマホ脳』を紹介した後に、『脳を鍛えるには運動しかない!!』という本も紹介しましたが(2021年5月11日ブログ)、

“身体”の健康のためだけでなく、“脳”のためにも、やはり“カラダを動かすこと”が一番良い様です。

本書でも“カラダを動かすこと”は、

身体が強くなり、見た目もスッキリするだけでなく、

認知機能が高まり発想力、記憶力、集中力も高まり

気分も良くなって幸せな気分になり、

睡眠の質も改善されて、ストレスにも強くなる、と言っています。

 

皆さんがこの様にすこぶる健康になると、治療院としては少し困った面も出てくるかもしれませんが(笑)、

自身の為、是非、カラダを動かす習慣をつけて行きましょう!!

めざせ!健康長寿!!

 

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院
〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511

 

長時間の座りっぱなしによる影響

2021.11.01 | Category: 健康情報

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

パソコンでの仕事が増えている上に、仕事以外でもモバイルに向かっている時間が多くなり、コロナ禍も手伝って、皆さん、座りっぱなしの時間がどんどん増えているのではないでしょうか?

一日に座位を取っている時間が11時間以上の人は、同じく一日4時間以下の人に比べて、死亡リスクが約40%高まるなどというデータがあります。

日本人の一日の平均座位時間は、世界最長の7時間だということですが、

長時間の座りっぱなしは、喫煙飲酒と同様に、心筋梗塞脳血管疾患肥満糖尿病がん認知症などの健康リスクが高まる、と言われています。

また、メンタル・ヘルスへの影響に関しても、一日の坐位時間が12時間以上の人では、同じく6時間以下の人の3倍のリスクがあるとの報告も見られます。

 

しかし、私がこれらのデータや研究報告を見ていて一番気になったのは、

上述の様なデータ、つまり一日の座位時間が長いことによって引き起こされる健康リスクが、

「運動習慣の有無にかかわらず」、あるいは「定期的な健康増進プログラムへの参加の有無にかかわらず」、上記の様な結果であるとされていたことでした。

 

つまり、定期的な運動を行っても、同一姿勢を続ける(≒動かない)時間が長いことによって生じるリスクは帳消しには出来ない、という訳です。

これは運動をしても意味がない、と言っているのではないでしょうし、

もちろん運動習慣は無いよりもあった方が、運動を行ったなりの健康メリットはあるはずです。

しかし、定期的に運動をしているからといって安心してはいけない、

カラダにメリットとなること(=定期的な運動)を行う一方で、

デメリットになる習慣(=長時間の座位)を減らさないと、そのリスクは高くなる、ということです。

 

とは言え、仕事で長時間の座位を余儀なくされている方も多いと思います。

仕事中は、せめてタイマーをかけてでも、時間を決めて定期的に立ち上がるようにしたり

30分毎が理想ですが、現実的でなければ、せめて1~1.5時間に一度座りっぱなしを解除して欲しいですね)、

座っている時も出来る限り負担の少ない正しい座位姿勢を習慣づけるなど、リスクを最小限にする工夫を行いたいものです。

また、お仕事で疲れているとは思いますが、

仕事以外の時間では座りっぱなしになる時間を極力減らす様にできれば良いと思います。

また、正しい座位姿勢を維持するのも、習慣づいていないとなかなか大変なことだと思いますので、

これもまた、お仕事で疲れているとは思いますが、

仕事以外の時間を利用して正しい座位姿勢を維持できるための体幹トレーニングを行うなどの対策ができると、

座位による健康リスクを下げると同時に、運動によるメリットを得る方法として良いのではないかと思います。

 

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院
〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511

免疫力と血液型の関係

2021.09.20 | Category: 健康情報

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

皆さんは血液型占い血液型による性格診断のようなものを信じますか?あるいは気にしますか?

海外ではあまり血液型による性格診断などは行われないようで、

「日本人は血液型の話しが好きだねえ」、というのが海外の人たちの感想だとか、そうでないとか・・・。

 

この血液型による分析(分類)、元々は、昔、日本に軍隊があった頃、

統率の取れた軍隊を編成するために、血液型による性格の傾向を調べた統計が起源になっている、

という話を聞いたことがあります(どこで聞いたのか、読んだのか、忘れましたが・・・)。

そして、これも元々はどこで聞いたのか(読んだのか)忘れましたが、

血液型による性格傾向には医学的根拠もある、という話も、聞いたことがありました。

例えば、O型免疫力高いため、狩猟に出ていた原始のころから、

病気ケガ心配をあまりせずに大胆に行動出来ていた為、大雑把おおらかな傾向となり、

A型免疫力O型に比べて低い為、病気ケガ注意しながら慎重行動する必要があったことから、

繊細神経質な傾向となりやすい、といった事であったと記憶しています。

こうした血液型による違いを、免疫力の観点から、医学的に書いてあるのが、

の研究で有名な藤田紘一郎先生『血液型と免疫力』(宝島社新書)という本です。

 

ざっくり言うと、

A型というのは血球にA型因子を持っていて、自分とは異なるB型因子する抗体(≒免疫力、抵抗力)があり

B型は、血球にB型因子を持っているので、A型因子する抗体(≒免疫力、抵抗力)が、

O型は、自身がA型因子もB型因子も持っていないので(O型は元々は「ゼロ型」ということ)、A型、B型両方して抗体(≒免疫力、抵抗力)があるということです。

ちなみにAB型は、自身の中にA・B両方の因子を持っているので、A・Bいずれにする抗体っていません

 

実は、人間以外の自然界あらゆる生き物このABO型因子を持っていて、

細菌寄生虫などにもABO型があり、ウィルスにも種類によるABO型との相性の様なものがあるそうです。

(ちなみに細菌などにはA型因子を持ったものが多いそうです。あと、ウィルスは生物ではありません。)

つまり、ヒトは、持っているABO型抗体種類違い(=血液型の違い)

免疫力、抵抗力(強として現れる、ということの様です。

(以上、上記『血液型と免疫力』による)

 

とは言え、血液型には、ABO型以外にRh型の区別もありますし、

免疫力抵抗力、個々の体力回復力といったものは、

日常での運動習慣食事生活習慣などの後天的要素に因るところが大きいことも確かです。

アドラーが『大切なのは何が与えられているかではなく、与えられているものをどう使うかである』と言ったように(8月25日ブログ参照)

血液型による先天的な傾向はあるものの、それを知った上で、

それをどう生かして自身の免疫力を上げてゆくのかは、私たち自身の努力次第のようです。

 

同書では、血液型ごとのかかりやすい病気かかりにくい病気などの他、

血液型ごとの相性なども紹介していますので、

自身傾向を知り、それにった生活習慣改善強化参考になるかも知れません。

免疫力が気になる昨今、興味のある方は、是非ご一読してみてください。

 

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院
〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511