TEL LINE ネット予約

針はどのように効く? | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

Blog記事一覧 > 抜缶 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院の記事一覧

針はどのように効く?

2022.04.01 | Category: 健康情報,鍼灸

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

痛み症状に対しては、針治療を選択される患者さんも多いのですが、

前回までに紹介した様ないくつかの質問(湿布の使い分けなど)以外に、患者さんから質問されることがあるのが、

「ところで針はどのようにして効くの?」という質問です。

 

前回までの3回のお話の中で、痛みがある場合は、

血流を良くすることで、

患部に発生した発痛物質が洗い流され

組織の損傷がある場合には損傷した組織が修復される

というお話をしました。

 

針が「効く」メカニズムのひとつには、この「血流を良くする」ということがあると思います。

という、人体にとっては異物の侵入や、針の刺入によって生じる組織の微細なキズが、

侵害刺激に対して生じるカラダの反応、つまり免疫反応修復反応を呼び起こす(増幅させる)というのが現代医学的解釈です。

免疫反応修復反応も、白血球などの免疫細胞や栄養豊富な新鮮な血液患部に集まるということで、つまりは血流が良くなるということです。

 

東洋医学的にも、「通則不痛、不通則痛」(流れが通っていれば痛まない、流れが滞っていると痛む)という原則があります。

痛むというのは気血の流れが悪いということであり、針で刺激し、流れを良くすることで痛みを緩和する」という考えは

上述の解釈と同じことを言っていると言えるでしょう。

吸い玉などは、深部の緊張を取り血流を改善し、毛細血管を広げ流れを良くします。

 

特にの場合は、マッサージなどと比べて、直接体の深部(にある患部)を刺激できるという利点もあります。

急性の痛みはもちろん、長引く慢性痛や、頑固な痛みには、吸い玉などの施術も是非お試しください。

 

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院

〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511

流れが通れば痛まない ~流れを良くする鍼灸・吸い玉~

2021.06.21 | Category: 健康情報,鍼灸

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

吸い玉などの施術は、幅広い疾患に用いられますが、

鍼や灸、吸い玉などの施術がどのように効くのか?

これについては、現代科学(医学)的な解釈では様々な学説(解釈)があって、

統一した見解が無いのが現状です。

 

中国の伝統的な医学では、痛み疾病に関する一つの大原則として、

「通則不痛、不通則痛(通ずればまず、ぜざれば)」

という原則があります。

 

流れでも、血液流れでも、水分流れでも、身体ってれているものが、

りなくれている(通っている痛みないが、

って通り悪くなる痛みじる、という原則です。

 

流れでも、水路流れでも、流れ悪く詰まり滞りじると、

そこにゴミ溜まった停滞した腐敗して悪臭ったしますよね。

詰まった場所から溢れ周囲浸水して悪影響を及ぼしたりすることもあります。

 

施術は、そうした水路停滞を鍼の刺激でたり、

経絡上のツボを刺激することで、各所水門開閉調整してれをコントロールする様なもの

だと考えて頂くと良いかも知れません。

刺激は、ったかされて流れが良くなるように、

温熱刺激体内循環良くするイメージで良いでしょう。

抜缶(吸い玉)は、まさにバキュームする様にまりを

同時に、吸引することで血管などの通路りをすると考えてください。

 

この様に、伝統的な鍼灸医学の考え方では、

痛みだけでなく、婦人科やその他の不調も、

すべてカラダれる気・血・水滞り(不通)原因であり、

この(不通)ば、健康カラダが手に入る、と考えている訳ですね。

 

中国の古い養生の本には、

「流れるらない動いている戸の枢(蝶番)ちない。身体もまたそのようである。」

という言葉があります。

“カラダくように出来ているので、適度き、体内循環くしていれば、健康てるという訳ですね。

 

カラダを冷やさず、適度に動き、循環を良くするように心掛けましょう!

そしてご自身の養生だけでは追いつかない場合には、放っておかずに、

灸、吸施術“カラダえるようにしてください!

吸玉

2021.05.18 | Category: 健康情報,鍼灸

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

皆さん、抜缶吸玉)という施術方法を耳にしたことがあるでしょうか?

 

壺の様な形をしたガラス玉や、コップを引っくり返した様な中が空洞の器具を身体表面に付け、

空洞内を陰圧にして皮膚・筋肉吸引する施術方法です。

 

抜缶(ばっかん)吸玉(すいだま)吸角(きゅうかく)カッピングなど、様々な名称で呼ばれ、

使う道具や施術方法(吸引方法)に若干の違いはあるものの

から世界各国われてき施術方法です。

 

非常にシンプル簡単単純な方法であるにもかかわらず、

その効果は意外と高いものがあります。

 

深く頑固なコリほぐしたり、血流したりということはもちろん、

痛み軽減や、状態にもよりますが、損傷の回復促進する効果なども期待できます。

 

例えば、ギックリ腰の後、いつまでもが歪んだまま伸びない、或いは伸ばす痛い、といった症状にも

痛み軽減可動域改善に有効です。

 

張り痛み、痛みによる動き辛さなどにも同様です

 

私は、恥ずかしながら先日、軽い肉離れを起こしてしまいました。

ブチッがして、痛みとともに歩行困難になってしまいましたが、

抜缶をすると痛み半減し、その後も日常や生活に支障が出ない程度にスムーズに回復しました。

 

当院には筋膜リリース専門スタッフ(※4月16日ブログ参照)が在籍していますが、彼によると、

使い方によっては、抜缶(吸玉)筋膜リリースする様な効果期待できるということです。

 

意外なところでは、気分の落ち込みがある患者さんに抜缶(吸玉)を施したところ、

いつもよりも身体があたたまりやすくなり、身体が軽く感じて気分も良くなった、といったケースもありました。

 

抜缶(吸玉)針治療との併用もオススメです!!

気になる症状がございましたら、ぜひ一度お試しください。

(※「吸引」や「カッピング」のワードがありますが、当院では脂肪吸引や痩身、美容目的での抜缶(吸玉)施術は行っておりませんので、あらかじめご承知ください。)

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院
〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511