TEL LINE ネット予約

婦人科の針灸治療 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

Blog記事一覧 > 針灸治療 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院の記事一覧

婦人科の針灸治療

2022.06.24 | Category: 健康情報,鍼灸

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

内踝の少し上に「三陰交」というツボがあります。

冷え性婦人科ツボとして雑誌などでもよく紹介されるツボなので、ご存知の方も多いと思います。

今回はこの三陰交のツボの意味と婦人科症状との関わりについてお話しします。

 

婦人科の諸症状は「血の道症」とも呼ばれます。

また、「母乳は白い血液」などとも言われます。

中医学では「女子は血を以って本となす」と言われ、

とにかく、月経から妊娠・育胎出産授乳に至るまで、女性の身体はいずれの時も「血」と大きく関わっています。

婦人科に関わりの大きな臓腑は主に「肝・脾・腎」の三つです(※現代医学の肝臓、脾臓、腎臓とは少し概念が異なります)。

 

血液摂取した食物から作られますが、生成という点ではまず「脾」の働きが重要になります。

中医学の脾は現代医学の脾臓とは少し異なる概念です。胃とセットで「脾胃」と称されることが多く、消化吸収系統くらいに理解してください。

 

脾胃を中心(起点)に生成された血は主に身体の前面正中を通る「衝脈・任脈」というルートを通って子宮へと運ばれます。

子宮を満たした血液は、妊娠が無かった場合、一度体外に排出されてリセットされます。

中医学には「旧血不出、新血不生(古い血が出なければ新しい血は生じない)」という言い方がありますが、生理の時にしっかりと古血が出ることは、次にまたしっかりと新しい血を生成する為にとても重要なことなのです。

この一連の生理周期スムーズな流れコントロールしているのが「肝」の臓です。

 

「腎」には生まれたときに父母から受け継いだ「先天の気」、そのエッセンスである「腎精」が蔵されています。

したがって、生殖成長という先天的な働き「腎」に蔵されています。

「精血同源」という言葉がありますが、「腎精」は不必要に漏らさなければ必要に応じて「血」転換されます。

したがって、月経から妊娠・育胎、出産、授乳に至るまでいずれの過程においても腎は重要となります。

 

かなり大雑把な言い方になりましたが、複数の臓腑や経絡が関わるこの一連の周期の中で、れに必要以上過不足停滞じたものが、生理不順生理痛をはじめとした婦人科症状だと言うことができます。

 

冒頭の「三陰交」というツボは、上記の「肝腎脾」三つに属する経脈が交わると言う意味です。

主要な三つの臓腑経絡を同時に刺激することが出来るため、婦人科の治療に常用されるツボとしてよく紹介されるという訳です。

もちろん実際の治療においては、症状や原因に応じて、三陰交以外のツボも使いますし、三陰交を使わないこともあります。

針灸治療は、気血の循環やバランスを整えることで、生理痛生理不順効果的な施術方法のひとつです。

婦人科症状でお悩みの方は是非一度針灸治療をお試しください。

 

 

〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511