TEL LINE ネット予約

湿気に因る不調 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

Blog記事一覧 > 食欲不振 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院の記事一覧

湿気に因る不調

2022.06.14 | Category: 健康情報,鍼灸

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

東京もとうとう梅雨入りしました。

これから湿度が高い日が続くことになります。

湿度高い痛み不調増悪させることは以前のブログでもお話しました(2021年4月5日、7日ブログ『お天気痛』その1,その2)。

 

自然界では常に、乾燥湿気寒気暑気が入れ替わり訪れます。それ自体は自然な現象です。

しかし、その程度がひどく、人体侵襲すると、それらは燥邪湿邪寒邪暑邪といった邪気となって、人体悪影を及ぼします。

頭痛関節痛、あるいは胃痛食欲不振、その他、身体重だるさなど、

この時期、雨天・曇天などで出現、もしくは悪化する症状の場合には、中医学では「湿邪(しつじゃ)影響を疑います。

 

湿邪は外から侵襲して来るだけでなく身体内部でも自家発生します。

人体内で「湿」との関係が深い臓腑脾胃ですが(「脾」は現代医学の「脾臓」とは少し概念が異なります。「脾胃」は「消化器系」くらいにご理解ください)

水分摂取が多すぎたり、脾胃の働きが低下して、身体の中で余分な水分が上手く捌けずにいると、体内で「湿邪」となります。

湿邪はひどくなると、より濃く粘い「痰湿(たんしつ)となって体内に停滞します。

風邪をひいた時などに喉に「痰」が絡みますが、中医学では肺は痰が貯留しやすい所、その痰を生成するのは脾胃だとされています。

 

体内「湿」停滞している人は、天候的に湿気などに、身体の内と外の「湿」相互干渉し、症状顕現、もしくは増悪させます。

 

こういった場合、針灸では、症状の如何にかかわらず、

腹部にある「中脘(ちゅうかん)や、向こう脛にある「豊隆(ほうりゅう)といったツボを刺激することで脾胃働き賦活し、体内の湿邪捌かれるようにして、症状の軽減を図ります。

頭痛なのにお腹や足に針を打つことがあるのは、こういった理由からなんですね。

 

一見、症状とは無関係に思える場所に針を打ったりお灸をしたりする針灸治療。

なかなか改善しない頑固な症状や、繰り返す慢性症状にお悩みの方は、

少し違った角度から不調の原因を診て施術してみるのも良いかも知れませんね。

 

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院

〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511