TEL LINE ネット予約

足が攣(つ)って痛い | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

Blog記事一覧 > 血行不良 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院の記事一覧

足が攣(つ)って痛い

2022.12.09 | Category: 健康情報

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

大半の方は、一度や二度、足が攣(つ)ったことがあるのではないでしょうか?

完全に攣ってしまった時の痛みと言ったら耐え難いものがありますよね。

所謂「こむら返り」は、ふくらはぎ(こむら=ふくらはぎ)の筋肉が急に収縮、痙攣を起こして痛みを発する状態ですが、「筋肉が攣(つ)る」という状態は、ふくらはぎ以外の部位でも起こり得る症状です。

 

「何故攣(つ)るの?」という質問を時々受けます。

筋肉が攣る原因にはいくつかあります。

 

運動中運動後(或いは運動した夜や夜中)に攣る場合は、カルシウムマグネシウムなどのミネラルの不足が考えられます。

運動や発汗によって水分と共にミネラル分が失われ、筋肉の収縮・弛緩に使われるミネラルのバランスが崩れることで、筋肉が収縮(過緊張)したまま弛緩しなくなった状態がこれです。

 

就寝中朝方に攣る場合には、主に冷え血行不良が考えられます。

血液は体温を運び、筋肉に潤いを与えます血行が悪い部分は冷えますし、冷える血行が悪くなり、筋肉を硬くします。

冷えは、就寝中(夜中)や朝方の気温の低下だけではありません。

睡眠中には体温も低下し、血流が脳や内臓に優先的に流れるため、四肢末端や筋肉表面の血流が低下することも原因として考えられます。

また、一定年齢以上の方の場合は、加齢に伴う筋肉量の減少に由る血行不良(冷え)や脱水傾向なども筋痙攣を発症しやすい原因となります。(最近では、若い人でも、運動不足による筋肉量の減少がみられますね)

 

対策(予防)としては次の様なことが挙げられます。

〇発汗や運動の後には(場合によっては事前に)スポーツドリンクなどでミネラルを補充する。

冷えない様に気を付け、温める

〇ストレッチなどをして筋肉の柔軟性や血流を良くする(但し、過度なストレッチは逆効果です)。

〇漢方薬の芍薬甘草湯は、足が攣った時に即効性があるとして、頻繁に攣る方の中には常備薬的に持ち歩いている方もいらっしゃいます。お薬に関しては、かかりつけの医師薬剤師さんにご相談してください

 

攣りそうな段階痙攣している筋肉を伸ばすと、何とか完全には攣らずに回避することもできますが(それでも痛いですが)、完全に攣ってしまったらもう我慢するしかないですね。

これから寒くなると、冷えて攣りやすくなる方も増えてくると思います。

上記のようなことに注意して、先ずは予防してみましょう。

 

 

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院
〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511