TEL LINE ネット予約

お天気痛の対処法 | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

Blog記事一覧 > 未分類 > お天気痛の対処法

お天気痛の対処法

2021.04.12 | Category: 未分類

こんにちは。芝公園整骨治療院の藤本です。

 

前回(47日)、前々回(45日)と、「天気痛」についてそのメカニズムをお話ししてきました。

今回はその対処法についてお話ししたいと思いますが、

「お天気痛」は、冷房による「夏ばて」「冷え性」と原因が似ているとも言われています。

 

「気温」や「湿度」、「気圧」が身体に与える影響、主に「気圧」の影響については前回(47日のブログで)お話ししました。

「湿度」について補足をすると、

雨が降ると当然湿度が上がりますが、

湿度が高いと汗が引にくくなり、体が「むくみ」やすくなります。

「むくみ」も血行を低下させるので疲労物質がたまる原因となります。

また体液中のカルシウムイオンが薄まって筋肉や神経が過敏になり、痛みが出やすくもなります。

さらに汗が引きにくいことによって体温調節がしにくくなり、自律神経のバランスも乱れてきます。

 

つまり、雨降りの前後の「気圧の変化」「湿度の上昇」による

「自律神経の失調」「むくみ」「血行不良」

「天気痛」「気象病」を引き起すのです。

 

そう、つまり冷房による「夏ばて」「冷え性」に似た状態です。

したがって、「天気痛」や「気象病」は、対策も「夏ばて」や「冷え性」とかなり共通します。

 

これらの症状に有効な方法のひとつにお風呂があげられます。

お風呂で汗をかいて余分な水分をすっきりと流し出し血行をよくすると良いでしょう。

そしてお風呂あがりには、症状悪化の要因となる「湿気」と「冷え」を防止するため、

身体をしっかりと拭いて、

血行を妨げない様なゆったりとした、

そして続いて出てくる汗が引きやすいような通気性吸湿性がよい服装をしてください。

 

血行を良くすること健康にとって如何に大切なことかについては、

3月29日のブログ(「健康の正体」)ご参考ください。

 

こうしたご自身でのセルフケアで間に合わない場合には、

マッサージ整体などで血行を良くすることももちろん有効です。

冷え自律神経の調整にはお灸も良いと思います。

 

これからこの先、梅雨の時期を迎え、冷房の効いた夏がやってきます。

体調は早め早めに整えるように心掛けてください。

————————————————————————–

空いてる時間の確認はネット予約が便利です。

当院HPのバナーから予約サイトに入れます。ぜひご利用ください。

初めて当院をご利用の方にもご利用いただけます。

またお電話でもご予約、お問合せを受け付けております。お気軽にご連絡ください。

芝公園整骨施術院・鍼灸院・整体院
〜首、肩、腰の痛みや交通事故施術〜
スタッフ全員が経験豊富な国家資格者です♪
お気軽にお問合せ下さい♪♪
東京都港区芝2-8-13KITAハイム芝201
03-6400-3511