TEL

芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

ヘッダー

2016年 6月

{平成の魔法使い}こと栃内寿則がこっそり教える「健康のトリビア!」

「気」のコントロール法も5回目を迎えました。
皆さん、楽しんでいただけていますか?
今回は、「気」エネルギーを自在に操るために、知っておきたい法則とコツ!

ということでいきなりはじまりました。
文字通り「気」とはエネルギーの一種です。
エネルギーが働くとき、決まって何らかの法則に支配されます。
例えば、「フレミングの法則」を覚えていますか?磁気エネルギーが働くとき磁力や電流は一定方向を示すというものでしたよね。
また、「エネルギーは等価交換」という言葉も前回紹介しました。
気象現象もそれを忠実に再現してくれます。
地球上の空気は、何からも影響を受けなければ1013ヘクトパスカル(1気圧)に収まろうと働きます。
1013を上回れば「高気圧」。下回れば「低気圧」です。
「高気圧」域では、上空から時計回りで地上に空気が吹き降ろしています。
また、「低気圧」域では、地上から上空に向かって反時計回りで空気が吹き上がっています。
(北半球と南半球では逆巻きになります。)
空気は常に1013ヘクトパスカルを保とうとして「高気圧」域から「低気圧」域に向かい空気が流れ込みます。
このとき境界線になっているところが気圧の壁(前線)と呼ばれ、雲を発生させ雷や雨を降らせます。
気圧が低ければ低いほど流れ込む空気の量とスピードが増すため、低気圧は雲が渦を巻いているように見えます。
台風02

台風やハリケーンがそれに当たります。
それらが通り過ぎた地域は高気圧域となりカラッと晴れ上がるのです。
晴天03

ここで「気」に話しを戻しましょう。
「気」のエネルギーは自然界に常に存在しています。
しかし、今ここで話題にしたい「気」エネルギーは、人にまつわるエネルギー(生命エネルギー)です。

気06

この生命エネルギーを効率よく働かせるためには「質」、「量」はもとより、流動的でなければなりません。
「気」エネルギーは男女で流れる方向が異なります。
男性は、背面から頭頂を通って前面に下る方向。
女性は、前面から頭頂を通って背面に下る方向。
この方向性が滞ったり、逆流しているとき、体調は崩れます。

前章で「気」を感覚することをお伝えしてきました、
今度はその感覚できた「気」を男女の流れを意識しながら誘導してみましょう。
男性は後ろから前へ。
女性は前から後ろへ。
コツは、深呼吸(胸式呼吸)に合わせること。
吸気で上り、呼気で下る。
ゆっくり、ゆっくり試してみましょう。
うまくできているときは、引っかかりや重さを感じず、スムーズに流れる感覚を実感できます。
引っかかりや重さを感じるとき、そう感じた場所(背中の途中や頭を通るときなど。)に悪い何かがあることが多いですので、その引っかかりや重さが解消されるまで続けてみることをおすすめします。
この動作は、同時に自身の身体に「気」エネルギーを取り込む作業(自己エネルギー注入法)でも使われているほど重要性の高い動作です。確実に身に付けると、これからの展開が楽しいものになってくることでしょう。

さて次回は、この「気」エネルギーを操作工夫して他の事象に活用した方法を紹介します。
乞うご期待!

「気」の核心

2016.06.19

{平成の魔法使い}こと栃内寿則がこっそり教える「健康のトリビア!」

 

今回は、いよいよ「気」の核心に迫っていくのかなぁ・・・

 

ということではじまりました。

「気」のコントロール法も4回目を迎え、そろそろ核心に迫ろうかと思っています。

 

「気」をコントロールする上で重要になってくるのが呼吸法です。

第2回あなたにもできる「気」のコントロール法{実践編}で紹介した手法が正に呼吸の大切さを物語っています。

呼吸法は「腹式」と「胸式」に大別できると紹介しました。

方法が2つあるには理由があります。

「気」はエネルギーの一種と考えられています。全てのエネルギーは等価交換で存在しています。

X軸、Y軸、Z軸、すべてのベクトルにおいてゼロ値(+-ゼロ)を保つように働いています。

磁力(+と-)、極(SとN)、陰陽(光と影)など。

では、呼吸法の「腹式」と「胸式」にはどのような理由があるのでしょう。

人は皆、睡眠時は腹式呼吸をしています。いわゆる無意識の状態では自然と「腹式」になっています。

呼吸は生命維持における本能の分野。

しかし、胸式呼吸をしようと思ったときは意識しなければ胸式呼吸になりません。

無意識と意識。ここにも陰陽の法則(宇宙の理)が影響しています。

三大気源01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のところ人体において「腹式呼吸」と「胸式呼吸」では、どのような違いがあるのでしょうか。

面白い実験がありますので紹介します。

<用意するもの>

近くにある何か重いモノ(重いカバンなど)。なんでもいいので持ち上げられる大きさのモノを用意してください。

<手順>

1、 まずは、そのモノの重さを実感、確認し、覚えてください。

2、 次に、なるべく下腹部を凹ませたまま、大きく胸を膨らませるように「胸式呼吸」を3回します。

3、 先ほど確認した重いモノをもう一度持ち上げて重さを実感、確認します。重さの変化を感じましょう。

4、 続いて、なるべく胸を膨らませず、肩が上がらないよう気を付けながら「腹式呼吸」を3回します。

5、 先ほど確認した重いモノをもう一度持ち上げて重さを実感、確認します。重さの変化を感じましょう。

「腹式呼吸」後と「胸式呼吸」後では、重さに変化が出たのではないでしょうか。

「胸式呼吸」後の方が軽く感じられたら正解です。

 

呼吸法が身体に及ぼす影響とは・・・、

「胸式呼吸」=筋肉に柔軟性が出て身体を制御しやすい。

「腹式呼吸」=筋肉が緊張し身体的防御力はUPするが制御力は低下する。

各々特徴を理解することで用途を選択すればよく、どちらの呼吸法が良い悪いというものではありません。

「気」をコントロールする上で重要な条件の一つに「リラックスする」ということがあります。

したがって胸式呼吸が「気」のコントロールに適しているということになるのです。

最後に<手順>2の要領で「胸式呼吸」を3回してリラックス状態に戻しておくことをお勧めします。

 

正しい呼吸法と自分を信じて疑わないポジティブ思考。この二つが同時に働くとき、「気」は自在にコントロールできるエネルギーとしてあなたのものとなることでしょう。

気功02

 

 

 

 

 

 

次回は、「気」エネルギーを自在に操るために、知っておきたい法則とコツを紹介します。

乞うご期待!

「ストレッチポール」

今日は伊東の相棒を紹介します(^^)

ジムでも自宅でもお世話になってる
「ストレッチポール」

長年使ってますが
これいいです(^^)

使い方は伊東まで♪

芝公園整骨治療院
スタッフ大大募集中です♪♪

image

肉離れの方をたまに受けることがありますが、

たいていの方は、急に走った瞬間に起こります。電車やバスに乗り込もうとした瞬間。信号が点滅して赤になりそうなのでつい走ったときなど、、この5月6月の時期では、子供の運動会で張り切って徒競走に参加してケガしてしまうお父さん、多いですよね。ぜひ気を付けてください!!

とにかく焦りと急ぎには要注意です!筋肉は急な動きに弱いですから。一瞬の油断で長引く痛み、イヤですもんね。。

 

どんな症状であっても、急激な痛みの際はなるべく早めの受診をおすすめします。早めの治療が早めの痛み軽減につながりますよ。

つらいときは、我慢せずに早めにご相談されてくださいね!

芝公園整骨治療院
藤本

{平成の魔法使い}こと栃内寿則がこっそり教える「健康のトリビア!」

今回は、いよいよ「気」を自在にコントロールする段階へと入っていきます。

前回紹介した「気」のコントロール法{実践編}の7手順。

皆さんは感覚できましたか?

気06

 

 

 

 

 

 

この感覚法はあくまでも武術の中で使う「気」の鍛え方です。

カンフーにゃんこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこっと脱線して武術気功のトリビアを一つ!

このような手法は、「気」を練る。や、「気」を鍛錬する。などの表現でも使われていて、「功夫(クンフー)」の語源となっています。

日本では「カンフー」と呼ばれていますが正しくは「クンフー」。

中国武術=カンフーと思っている人が多いと思いますが、カンフー=中国武術ではなく、一個人の武術家の鍛錬度合(物理的技能+気の熟成度)を指す言葉が正しい意味となり、「クンフーを積む。」「クンフーの完成度が高い。」「クンフーを鍛える」などのように使われます。

ドラゴン

 

 

 

 

 

 

 

 

前述の方法を使うことでクンフーを積んでいない一般の私たちでも「気」を感覚することができます。

感覚できなければ次に進めないというわけではありませんのでご安心ください。

 

次に少し簡単な方法で「気」を感じてみましょう。

「気」は手の平からたくさん出ると思われているので、手の平を使った方法をご紹介します。

1、 ソフトボールが一個収まるくらいに左右の手の平を向かい合わせます。

2、 下腹を凹ませつつゆっくりと胸で深呼吸しながら向かい合わせた中心に意識を集中します。

3、 手の平が温かく感じたり、指先がピリピリしびれるような感覚など、何らかの変化を感じたら、片方の手の平で、もう片方の手の甲から肘に至るまで触れないようになぞってみましょう。

4、 前腕に鳥肌が立つようなサワサワ感を感じられたら成功です。

5、 慣れてきたら手を動かさずに意識だけで前腕にサワサワ感を作り出してみてください。

これができれば、あなたはすでに「気」をコントロールできています。

気07

 

 

 

 

 

 

意識で「気」をコントロールすることができたら、その「気」で身体に変化を起こしてみましょう。

≪準備動作≫

  • 手指やひじ、股関節やひざ、足首などを動かしてみて、動かし難さや重ダルさなどの左右差があるところを探し出し、そこをターゲットとして使います。

≪本番≫

1、手順1~4で「気」を作り出し、その「気」を意識で左右差があったところに運びます。

2、左右差があったところに、確かにその「気」が届き、そこにとどまっている感じをリアルに想像します。

3、想像ができたら、大きく胸で深呼吸をしてコントロールを終了します。

≪確認≫

  • もう一度ターゲットを動かしてみて左右差が解消されていれば、あなたも今日から魔法使いの仲間入りです。
 「おめでとうございます。」

武術01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では次に、「気」で重心と体調を整えていきますが、その前に。

「気」は常に流れています。

男性と女性では「気」の流れる方向が違います。間違ったら大変っ!

ですが詳細は次の講釈で!

 

次回は、いよいよ「気」の核心に迫っていくのかなぁ・・・

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

{平成の魔法使い}こと栃内寿則がこっそり教える「健康のトリビア!」

 

今回は、あなたにもできる「気」のコントロール法{実践編}として、

自身の「気」を実際に感覚する方法を紹介します。

 

今回紹介する「気」は、皆さんの中にも存在し60兆個の細胞すべてを活かしている力。

三大気源01

 

 

 

 

 

 

「宇宙」「太陽」「大地」の三大気源から供給されるエネルギーを用います。

古(いにしえ)の昔から贖(あがな)えない力であると共にコントロールできる力としても知られ、陰陽五行や陰陽道でも使われていたように思える節がある「気」エネルギー。

近年では、誰にでもコントロールすることができる「気」の力を伝授という形で日本気導術学会(創始者 鈴木眞之)がセミナー形式で公開しています。

 

ここで紹介する「気」のコントロール法として・・・、

まずは、「気」エネルギーを実際に感覚することからはじめたいと思います。

一般的には、左右の手の平を向かい合わせ、その中に光の玉や金色に輝くピラミットをイメージしたりするようですが、万人向けではありません。

三大気源から導いた「気」エネルギーは、生命エネルギーへと転化され身体に馴染みます。

身体に浸透したエネルギーを感覚することは不可能です。

例えるならば、お昼食べたお弁当が消化吸収され、午後の活力、ヤル気として身体のエネルギーとなりますが、身体をめぐる赤血球や白血球を意識できないのと似ています。

「おっ!昼食べた紅鮭が血流に乗って血となり肉となっていく!いいぞ、いいぞ!」とはなりませんよね。

しかし方法は存在します。

この方法は中国拳法の中で五千年間受け継がれているものです。

まずは胸式呼吸を覚えましょう。

呼吸法には、大きく分けて「腹式」と「胸式」の2つがあります。

「腹式」はご存知の方も多いと思います。

「胸式」とは、お腹を使わず胸を膨らませたり縮めたりする呼吸法です。

また、この2つを同時に行う「胸腹式」では、最大呼吸量(肺活量)を最大限に活かすことができます。

「気」と呼吸は密接なつながりがあり重要です。

では実践します。

1、 お腹はへこませて胸をゆっくりと膨らませるように大きく息を吸い込みます。

2、 お腹はへこませたまま胸をしぼり込むようにゆっくりと息をすべて吐き切ります。

3、 1~2を3回繰り返します。

4、 次に1の要領で最大限吸い込んでから続けてお腹も膨らませながら限界まで息を吸い込みます。

5、 呼気は、お腹をへこませながら息を吐いて行き限界が来たら胸をしぼるように残った息を吐き切ります。

6、 4~5を3回繰り返します。

7、 最後に4の要領で最大呼吸した後、「はあ!」と大きな声と共に短く急激に息を吐き出します。

このとき、背中を熱いモノが駆け上る感覚があれば成功です。

これが「気」を感覚できた瞬間なのです。

この感覚を掴むことができたら、次はその感覚を意識で身体の隅々に巡らせていくのですが、

詳細は次の講釈で!

春麗01

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、いよいよ「気」を自在にコントロールする段階に入っていきます。

私、栃内が施術に用いている「気」の片鱗に触れる回になりそうな予感。

どうぞご期待下さい。

芝公園整骨治療院の伊東です。

 

 

交通事故に遭い保険会社より

整骨院ではなく病院に通院して下さいと言われるケースが多くあります。

 

しかし安心して下さい。

当院は国家資格による医療機関であり、厚生労働省の認可を受けています。 自賠責はもちろんのこと、各種健康保険・労災など取り扱っていますので通院は何の問題もございません。

 

当院はしっかりと

手技に時間をかけ、

早期回復の為、酸素カプセルは無料で受けられます!!

 

病院とは違う施術です♪

 

交通事故治療は芝公園整骨治療院へ(^^)

 

お気軽に伊東までお問い合わせ下さい♪♪

DSC_0413

腹筋ローラー

2016.06.03

「腹筋ローラー」

 
6月末には腹筋6パック宣言をジムのトレーナーさん達にしている伊東です!

1パックにまけてもらおうかな^^;

 
久しぶりに

 
腹筋ローラー使ったら、、

 
腹筋が1週間筋肉痛でした^^;
痛いけど気持ちイイ😁

 
恐るべし腹筋ローラー‼️

 
皆様も軽めからぜひ(^_-)

 

image
芝公園整骨治療院
土日も元気に営業してます♪
スタッフ募集中です♪♪

前回までは肘下がり投球での、肩、肘への負担についてお話しいたしました。

今回は肘下がりを改善させる身体の使い方をお話ししましょう。

 

しかし急に肘を上げて投げろと言われても子供は非常に難しいですよね。

よくありがちなケースは、、力が入り過ぎて肩甲骨が挙がってしまい肘はあがっていない(ぱっと見は上げらているようにみえるが、肩甲骨とともに上げると腕は挙がってません)。

もう一つは、肘を上げることを意識しすぎてフォームがバラバラでぎこちなくなってしまう。投球は下半身、体幹、腕、などと運動連鎖で力が発揮されるので、身体の1部分を意識しすぎてしまうと運動連鎖はスムーズにはいかないものです。

 

身体を使うということはなかなか言葉で言っても理解し難いですね。。

上げやすい状況を作ってあげるアプローチを、シンプルかつ効果的と思われる方法をお伝えします。

まずは初心者に多いですが、手投げの子、猫パンチのような投げ方の子がいますよね。そんな子は、まずは自分の目の前で肩を支点として肘をぐるぐる大きく大きく回します⇒そのまま体幹も一緒に回します⇒この流れで投球動作をしてみましょう。この動きに慣れたらボールを握って軽くなげてみる。子供はこれを身体で覚えればスムーズな運動連鎖につなげられていきます。

 

もう一つのタイプは、ある程度投げられる子、経験者の例です。実はセミプロ、プロの選手でも2割くらいの投手に当てはまるとの統計もあります。

この例とは、バックスイング(ステップする際に、腕を下ろしてから、上げていくときの動き)のときに、肘が背中側に入り過ぎると、肘が上がりにくい状態になってしまうのです。そして肩のインナーマッスルを痛めやすいです。

これをシンプルに体感するには腕を前方からバンザイは出来ますが、後方からでは無理ですよね。肩の構造上そういうものなんです。

頑張って投げようとするほど腕が背中側入ってしまう選手が少なくありません。

大事なのはスタートポジションからの初動動作です。投手で例えると、お腹にくっつけてからスタートします。腕を下ろす方向は背中側よりも2塁ベース方向に向かいやすいのです。スタートポジションを引きすぎない、後ろ側にしない。自身の正面からスタートするというのが大事です。

 

これでも簡単にお伝えしたつもりですが、投球動作は難しいですね。

すべての子に当てはまるわけではないので、それぞれの子に合った矯正方も探ってみてください!

こんにちは藤本です。今日は私も10代の時に汗を流しました野球での障害についてです。

野球肩、肘について、、10代の野球少年、その親御さん、コーチの方々、対処法や治療に頭を悩まします。

まずはよく、投球の際に肘を下げるな!とコーチが口をそろえて言いますね。これは肩や肘への負担を構造上考えても肘下がり投球はよくありません。肩、肘を痛めやすいのです。

なぜか・・・? 結論を言うと、、肘が下がると、肩の外旋(腕を外側に捻る動き)が硬い状態になります。

そのため腕を持ち上げてしなる動作の際(最大外旋の位置)、腕を外側に捻る動きがすぐに限界になり、

肩の外旋を抑える場所に負担がかかり、、同時に捻りきれない部分を、肘の外側に反らす動きが補うため、肘にも負担がかかります。

ほかにも肘が下がる弊害はあると思いますが、これは一番大きいと思います。

 

では実際の投球時、肘が下がらずに効率の良い腕の位置を説明します。スポーツに精通された方は聞いたことがあるかもしれません。「ゼロポジション」と言います。ゼロポジションとは、腕の位置と、肩(肩甲骨)の位置が平行になる位置です。単純に言うと腕を持ち挙げて130~140°くらいです。

この位置は、まずインナーマッスルのバランスが最も整っている。そして腕を外側に捻る可動範囲が高まります→よって投球時の力が発揮されやすい。筋肉への負担が少ない。という効率の良い状態なのです。

 

ではこの状態にもっていきやすい身体の使い方は、、また次回お知らせ致します!