TEL

「腰痛」の原因!その7割は腕!? | 芝公園・浜松町・赤羽橋・三田 芝公園整骨治療院

ヘッダー

「腰痛」の原因!その7割は腕!?

2016.05.15

{平成の魔法使い}こと栃内寿則がこっそり教える「健康のトリビア!」

前回、「腰痛」の原因!その7割は腕!?と紹介しました。
今回は、腕が腰痛にどんな影響を及ぼしているのか?!を、ちょっと・・・いや、かなりマニアックに解説していきます。
「知って得する健康オタク情報」をお楽しみください。
手技_03
近年まで、腰痛の85%は原因不明。残りは、ヘルニアやすべり症、他の疾病によると信じられていました。「某整形外科学会」情報より。
数年前に85%の部分はストレスによる!と「某整形外科学会」が発表しました。
現在、腰痛で整形外科を受診すると抗精神薬が処方されるケースもあるらしいです。
何かが変だと感じるのはボクだけでしょうか。

・・・本題に戻りましょう。
「腰痛」って、痛みをピンポイントで見つけづらいことに気づいていますか?
打撲や捻挫ならピンポイントで「ここが痛い!」と表現できます。
「腰痛」に限っては姿勢や動きの中で痛い場所が移動した経験をお持ちの方も少なくはないでしょう。
なぜでしょうか?!
答えは、痛みの原因が腰に無いからなのです。

日本では、主流の西洋医学の他に5000を超える民間療法が実際に医療類似行為で営業していると言われています。その中で実際に効果が高いと言われている療法の間では「腰痛の原因!その7割は腕から」というのが常識的に認識されています。
では、なぜ腕なのか?これの理解には、若干の解剖学的知識を持っているとレポート用紙3枚ほどで解説できるのですが・・・、今回はやめておきます。
一般の方でも理解できるように、画像や資料を駆使してなるべくわかり易く解説するべく準備中ですので、今しばらく猶予をください。

答えのヒントは筋肉と重力にあります。「広背筋」がいいポジションにあるので触りだけ解説してみましょう。
下のイラストは背中の表面にある主要筋肉が示されています。
「広背筋」は胸椎12個の5番目から腰椎5個の5番目まで計13個の脊椎各棘突起と腰骨の上部内側半分(腸骨陵)から起こり、上腕骨の肩に近いところにまとまって一箇所に付いています。
この広背筋一つとっても腕と腰が筋肉でつながっていることがわかります。
数十から数百の筋肉が同時に身体を支え動かすのですが、これに重力が作用することで解剖学では教わることのない筋肉の働きが各関節部に負荷を与えています。
中でも腰にかかる負荷の割合は想像を超え結果として「腰痛」が発症してしまいます。
「なぜ腕?」の詳細は後ほど詳しく解説させてください。(ひっぱるね~)笑。
広背筋01

次回は、「あまっけ(気象痛)」を紹介します。
秋田県の一部地域では「アマっけでバガっけおぎる」
~雨が降りそう、または雨が降っていると、体調不良や機嫌が悪くなる。~
と、言い伝えられてきました。
私たち講師仲間でもこの時期には話題に上ることもしばしば。
「風土病では?!」と寝ぼけ発言をした講師もいましたが・・・。
体験上、ほぼ全ての日本人に「あまっけ」は存在します。
気象の変化と体調不良の因果関係を私見も挟みつつ解説していきます。
乞うご期待。